能のHana

舞台のこと

2021.10.10

 本日は10月九皐会でした。1部は「野守」佐久間二郎氏、2部は「井筒」永島充氏でした。今日は奇しくも同級生の二人が、九皐会でのお役を勤めました。面白い偶然ですね。
 私は2部の「井筒」の地頭を勤めさせていただきました。1時45分、長い上演時間です。上演時間の長いものは、細長い集中力が必要です、無事に済んで安堵です。
 その後、11月5日の夜能の照明の打ち合わせと、各役の動きの打ち合わせを、済ませました。いろいろと試みる事もありますので、楽しみです。
 なかなか濃い一日になりましたが、今日も無事に済んで良かったです。ご来場の皆さまありがとうございました。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE