能のHana

舞台のこと

2021.10.25

 今朝は11月3日に鎌倉能舞台で勤める「楊貴妃」を、師匠にお稽古していただきました。地頭の中森貫太氏にも来ていただき、通し稽古となりました。
 舞台が鎌倉なので、それに当たっての調整もしまして、あとは本番を待つのみとなりました。
 今年は「大原御幸」、「梅枝」と勤めさせていただいておりますが、前シテは全て作り物の中から始まります。面白い偶然です。
 「楊貴妃」は最初に立ち上がるまで、随分と時間があります。座居が長いと立ってから足が笑う事がありますので、足腰をよく整えて臨みたいと思います。
 ご案内も可能です、秋の鎌倉いかがでしょう。
https://www.nohbutai.com/perform/

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE