能のHana

コラム

2021.11.17

 早朝は曇天でしたが、ほどなく青空に戻り、今日も好天になりました。
 本日は「葵上」の講座の3回目になりました。今月5日に矢来能楽堂で、古式という上演形式でご覧いただきました。前回古式演出につきましては、詳しく講座で解説しましたので、これからは現行演出のお話しも含めながら、進めて参りたいと存じます。
 本日は六条御息所の登場シーンにスポットを当てました。古式と比べますと、青女房という架空の登場人物や破れ車のある無しなど、現行との相違が顕著なところです。ご覧いただいた後だと、説明もしやすいところで、わかりやすかったのではないかと思います。
 ここまでは生霊の正体が御息所だとわかっていません、次回は自身で名乗りをする部分です。その後の展開が、楽しみなところです。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE