能のHana

コラム

2021.12.08

 今日は朝はから本降りの雨模様の一日となりました。風も吹いていましたので、体感温度はより低めでしたね。
 本日は「葵上」の講座の5回目、佳境に入りました。御息所、いよいよ自身の制御が困難になり、感情のままに葵上を苛む場面です。
 「後妻打ち」(うわなりうち)の場面、調べているうちに、こんな記述を目にしました。その前に、後妻打ちは先妻が後妻の家を襲い、家を荒らしたり、壊したりすることなんです。
 あるが学校で、後妻打ちを説明して、「浮気をしたパートナーが悪いのに、相手の女性を恨むのは筋違い。本来悪いのは浮気をした男のはず!」と話したところ、首を横に振る女学生がいたそうで、尋ねたところ「相手の女性が悪い」との返事だったそうです。
 古今、男女の間が難しいのは変わらないようで、改めて見直すエピソードとなりますね。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE