能のHana

お稽古のこと, 舞台のこと

2021.12.13

 本日は早朝からお稽古がありました。矢来能楽堂で朝8時から、曲は「松風」(まつかぜ)、大曲でした。
 シテは桑田貴志氏、若竹会(稽古能)のための稽古です。私は地頭を勤めさせていただきました。来年4月には九皐会別会で勤めさせていただきますので、心して準備しております。初演の時とは違う、深淵を目指して、地謡からも詰めていきたいと思います。来週月曜日は、囃子方に入っていただいての稽古能となります。もっともっと進んでいく所存です。
 その後、四国高松に飛びまして、夕方からお稽古でした。皆さんお変わりなく、お稽古できました。2月の発表まで、残すは1月のお稽古1回のみ、有るようで無いのが時ですねー。皆さんの頑張りに、期待大です!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE