能のHana

舞台のこと

2022.01.17

 今朝は8:30から若竹会(稽古能)の、申し合わせがありました。曲は「船弁慶」(ふなべんけい)、シテは新井麻衣子さんです。「船弁慶」は2月の九皐会で新井さんが、ご子息と一緒に勤める曲です。
 九皐会では会主催の稽古能と師匠喜之師主催の若竹会と二つの稽古能があります。近年は九皐会、或いは自主公演等で勤める曲を、どちらかで事前に舞うことができます。どの人にとりましても、ありがたくも有意義な機会となっています。
 私も4月30日の別会の「松風」を、3月の稽古能でさせていただきます。私の「松風」は再演なので、本来は該当しないのですが、二十歳の次男とさせていただくにあたり、お願いしました(実に有り難いです!)。
 恵まれた機会なので、よくよく準備、稽古して臨みたいと思います。
 それにしましても喜之師のタフさは超人的です。昨日は白石蔵王の公演に日帰りでご出演、今朝もケロッと楽屋にいらっしゃって、終了後自ら長刀を持って手本を見せる指導、凄すぎです!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE