能のHana

舞台のこと

2022.03.18

 今日は冬に逆戻りで、気温もぐっと下がりました。雨模様の一日で、寒さを後押しする感じですね。
 今朝は若竹会(わかたけかい)の、通し稽古がありました。若竹という会名ながら曲は「山姥」、大曲です。若手が稽古のために頑張る曲ではなく、オジサンのチャレンジ曲です。確かに主要メンバーも50歳前後、還暦の方もいらっしゃいます😅、「山姥」のような大曲が出るのも頷けます🤣。
 シテは佐久間二郎氏、「山姥」の壁の厚さと申しますか、山の高さと申しますか、実感しているようです。経験者はみんな「大変なんだよね~」と、ニコニコ!かなり覚悟してやらないと、できない曲です。力を尽くして、頑張っていただきましょう!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE