過去のHanaワクワクが止まらない!

2014.04.01

桜が満開に咲き誇る春4月、希望と期待のつぼみが大きく膨らむ新年度が始まりました。
なんとなくワクワクする季節です。

憩の「大会」の後編が完成しました。
前回は能に入る前のエピソードをご覧いただきました、今回は能のストーリーです。

全体の印象としては滑稽を題材にした曲と言えると思います。天狗道を極め、空を飛べるようになったものの、子供たちに捕まり命からがら助けられる!これならむしろ歩いている方が・・・とか、恩返しのために頑張ったにもかかわらず、叱られてしまうなど。残念な悪循環のループにはまっている、気の毒な天狗です。もともと天狗自体を否定的な存在にしているので、こんなふうになっちゃうよ!とも取れますが。

僕自身はこの曲の上演をとても楽しみにしています。

殊勝にお礼に出かけるところ、偽の釈迦になるところ、化けの皮を剥がされて退散するところ、
ワクワクしてきます。
5月初旬は新緑も眩しく、風が運んでくる季節の香りも良く、大好きな季節です。
考えるだけでワクワクが止まらない春です。

憩「大会」のご案内

第1話「極めた天狗の道」
第2話「それでいいのか天狗の道!」

能『大会』公演のご案内

能を知る会 平成26年5月6日(火・祝)14時開演
解説「天狗の恩返し」中森貫太
狂言「口真似」高野和憲
能 『大会』奥川恒治

※チケットのお取り扱い:鎌倉能舞台

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE