舞台のこと

2018.08.26

本日は小金井薪能でした。暑い日になりましたが、おかげさまで雨の心配はありませんでした。暑いくらいは、ガマンしないといけませんね。
能は「巻絹」という、熊野にまつわる話で、後半の創作ダンスとも連動しているようです。
暑い日でもあり、上演時間をコントロールして、ご覧いただくかたの負担を軽減しつつ、薪能は無事にすみました。
客席は1200名のお客様で、満席状態でした。ご来場の皆さまも、さぞや暑かったことと存じます。ありがとうございました。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE