コラム

2018.10.03

富山2日目は氷見市の中学校に参りました。生徒数は100名ほどで、多くはなかったのですが、みんなよく見て、体験してと、充実した時間を過ごしてくれたように思います。
狂言の体験は、中学生時分は恥ずかしいかも知れませんが、みんな頑張ってやってくれていました。PTAの方も、多くいらっしゃっていて、生徒と一緒に大きな声を出して、体験をしてくださいました。最後は全員で大きな声を出して、狂言の「笑い」をしまして、終了となりました。
印象に残る、体験になったことと思います。
ホテルの朝食では、富山産のコシヒカリが毎朝置かれています。田にはたわわに実った稲穂が輝いている所と、収穫の済んでいる所があるようです。目で見たものをいただくことになるのでしょうかね。よく味わって、明朝もいただきたいと思います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE