コラム

2018.12.04

京都公演2日目は南丹市の小学校に参りました。今日は気温も高く、体育館の公演にはうってつけの日になりました。
この学校は統廃合で3校が一つになったそうですが、ここの卒業生が河井美紀さんです。現在学校名は変わっているそうですが、こちらの学校に通っていたそうです。そして現在の校長先生が、河井さんの1,2年生の時の担任の先生だったそうです。まさしく「故郷に錦」ですね、校長先生となった元担任の先生が嬉しそうにしていらっしゃいました。校長先生も河井さんも、感激の再会でしたね!河井さん後輩の小学生に、おもいを上手に伝えていました。帰り際はいつまでも、我々のバスを送って下さっていました。
この学校公演で、いろいろな方の母校に伺わせていただいております。その都度、その都度、大切なものに触れる機会だと思えます。親兄弟、親戚に地元の方に恩師、大切に育まれたことが身に染み、次代の子のために頑張っていることが、よくわかります。
質問コーナーで無邪気に手を上げて、おもわず感想を言ってくれる子、かわいらしいです。楽しんでくれたのなら、本当に良かったです。
また明日も頑張れます!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE