お稽古のこと

2019.03.31

今朝はつい先程まで降っていたような空で、地面は濡れたまま、気温は低く冷えた朝でした。
今日は一日お弟子さんのお稽古日で、雨が降るといらっしゃる方も難儀なことと、思っておりました。さりながら昼過ぎには青空が見え、気温も上がったようで、お稽古場に入ってくる方から「暑い!」の声も聞かれました。晴れるのはありがたいですが、寒暖差か大きいので、気を付けないといけませんね。
初めて「ヨワ吟」(謡方の一つ)に取り組み始めて4ヶ月の方、だいぶ進んで「クリ」という複雑な節の部分に入りました。今日は頑張ってクリアーですが、ご本人きっと次回のお稽古で謡える自信はないと思います。でも、謡えなくても大丈夫なんです。今の不確かさは、回数を重ねてこそ、より確かなものになっていきます。そして時間と手間を掛けた物が、将来的には一番強くなります。
退職後のためにと始められた謡、就業中は準備期間ですからね、ユルユルと参りましょう!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE