コラム

2019.04.03

今朝は若竹会の下稽古がありました。シテは河井美紀さん、曲は「船弁慶」です。
 「船弁慶」は前半後半で全く別の人物になります。前半は義経との別れを嘆く恋人静御前、後半は戦に負け海に沈んだ平知盛の亡霊と、義経に対して敵味方に別れます。劇的な展開のストーリーなので、見るに面白い能ながら、シテはなかなか大変です。
登場人物も多く、船の作り物も出るので本番では、かなり制約されたスペースで、舞うことになります。その上で、長刀という長い刀を振り回しますので、もう一つ難易度が上がるわけですね。若竹会の本番まで2週間ちょっと、頑張ってもらいましょう。
夕方井の頭公演に立ち寄りました。ここの桜も見事でした!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE