コラム

2019.04.17

陽射しの眩しい春、あきらめていた我が家の木賊が、ある時の雨をきっかけに、盛り返してきました。深緑の色が増し、横の方からは新芽ではないかと、疑われるような物が、頭をもたげています。現段階では黒く固いアスパラガスの赤ちゃんのような、怪しげな物が頭を覗かせている程度ですが、きっと新芽であろうと思われます。
隣家を見てみますと、新しい芽が続々と育っているようで、うちの木賊もガンバレーと、木ノ芽時にドキドキです!
今年はバラも枝を延ばして、葉を増やしています。すごくイケソウナ予感をさせる、罪な春です。朝の水やりにも、おのずと力が入ります。季節が進み、結果が出るのを、楽しみにしたいと思います。
はっきりしましたら、写真でご紹介したいと虎視眈々と狙っています。お稽古にいらっしゃるお弟子さんが、これが例の木賊ですね、といらっしゃいますので、青々と茂った木賊で、ぜひお出迎えしたいと思っております。こうご期待!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE