お稽古のこと

2019.06.10

本降りの一日です、気温もぐっと下がりました。気を付けないといけませんね。
10年超えでお稽古していらっしゃる方には、一段階、二段階上を目指すべく、お稽古もより深く細やかになります。
舞ならば、同じ型でも違ったやり方やニアンスを、使い分けていただいたり、舞う時の意識の置き所などにも至ります。見た目には些細なことなのですが、結果は随分と変わります。
型は自分の体に着いてきてくれなければいけないので、その点は自主練習となりますが、馴染みますと動きがとても生きてきます。
自身の思考を、体を使って表現する場でもあり、違う自分に変身する場でもあります。
どちらも含めて、ぜひ楽しんで舞っていただきたいと思います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE