舞台のこと

2019.06.09

6月九皐会が済みました。梅雨らしい微妙なお天気ながら、大勢の方にご来場賜わりました。
初番は弘田裕一氏シテの「通盛」でした。本日は演出を通常と変えまして、ツレが中入をしました。そのため、装束も大胆に変えることができまして、見た目にもお楽しみいただけたことと思います。
止めは坂真太郎氏の「雲雀山」でした。昨日の小島氏に続いて、こちらも親子共演という、幸せな舞台でした。坂氏、いろいろと趣向を凝らし、お嬢ちゃまと舞台を勤めました。お嬢ちゃま立派でした、二人ともに充実した疲労を、味わっている事でしょう。お疲れさまでした。
ご来場の皆さま、ありがとうございました。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE