コラム

2019.08.16

夏休みも後半戦にさしかかり、朝晩は若干ながら秋の気配がしてまいります。まだまだ残暑は厳しいのですが、確実に移り変わる季節にも驚きを禁じ得ません。
 蓮田市の夏休み親子教室も、後半戦に突入です。課題曲の「小袖曽我」のキリは、低学年の子が初めてやるには、いささか難しいのですが、みんな一生懸命声を出して、謡ってくれます。
聞き覚えてくれるように、私も繰り返し、繰り返し、謡いますので、会を重ねるごとに、謡えるようになっていきます。この辺は楽しみなところです。
 いよいよ発表会に向けての、仕上げをはじめることになりますね。今年は付き添いのお母様たちも、熱心で稽古を見聞きしながら、参加の子と一緒にお稽古しているようです。来年はぜひ、参加していただきたいですね!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE