コラム

2019.08.18

本日は鎌倉能舞台で、中森貫太氏社中のゆかた会のお手伝いに、伺わせていただきました。
暑い中、皆さんの舞台も外の暑さに負けないほど、熱を帯びていました。
 こちらは、お弟子さんの地謡への参加が、自由に出きるのが特徴で、何曲でもお稽古した曲に入れます。レパートリーが少なくても、お稽古した曲には、入れますから楽しいですね。
個人の意思で地謡参加は決められるので、曲によりましては、大勢の方が地謡に参加されます。地謡参加となりますと、自分の分だけではなくなりますので、より稽古感の強いゆかた会になりますね。
終演後は、皆さんと打上、お話も楽しく、大いに盛り上がりました。
 本日のゆかた会も無事に済みました。お疲れさまでした。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE