コラム

2019.09.05

蓮田市の「夏休み親子教室」の最終稽古が済み、あとは土曜日の本番を残すのみとなりました。
いつものことながら、最後に子供たち凄い集中力でまとめます。毎年の事ながら、驚かされます。それぞれ形になり、個性か現れます。
今回の親子教室の参加では、能を知ってもらい、声を出すことや、舞を舞うことを覚えてもらうのですが、他にもいろいろなことを、知ってほしいと思っています。学年や学校を越えた友達を作ることや、新しいことに挑戦する楽しさ、そのなかでも特に、最後まで全うすることを覚えてもらいたいと思っています。万が一、ミスをするようなことがあっても、最後まで諦めず、くさらず全うし、一つの達成を経験してもらいたいと思います。人間がすることなので、ミスをすることもあります。
本番は失敗を恐れず、のびのびと謡って、舞って、精一杯舞台を勤めていただきたいと思います。

慶福寺では、秋がまとまって居りました。また1枚季節のページが、めくられるようです!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE