コラム

2019.10.08

今日はぐっと気温が下がりましたね、ただ湿度が高いのでしょうか。気温が下がっているわりに、汗ばむという変な感じのお天気でした。
以前から知り合いの植木屋さんにお願いしておりました竹、「女竹」(めだけ)が、我が家に届きました。この竹は、よく見かける孟宗竹と違って、節が角張ってなく、知っている限りはあまり太くないです。
舞台で持たれている竹の棹は、この女竹を使用しています。先日の「屋島」でも、シテとツレが持っていた釣竿は、この女竹でできています。
想像では、納品される女竹は、笹の豪華版くらいと思っておりました。ところが、届いた女竹は2メートル程あろうかという、立派なものでした。最初から舞台で使えるサイズ!ですが、これから仲間が増えるとのこと、楽しみに育てたいと思います。
いつか、一緒に舞台に出たいですねー!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE