コラム

2019.11.24

鈴木三郎重家の本公演が済みました。語り物と言える詞の多い曲で、曲中に何度となく、語る部分があります。全てコトバで繋げていくのですから、大変です。また後半は、主役の三郎重家が縄に掛かっているため、演技としましてもかなり制約があります。いずれ、鈴木家本家で演能できる機会がありますと、嬉しいですね。
夜は一中節の家元継承披露に伺わせていただきました。各界著名人が雲海の如くお集まりで、予想していましたが、凄い会でした。
少し前に舞台をご一緒させていただいたのが、ご縁の始まりですが、ありがたいご縁をいただきました。
思いがけない方との再会もあり、楽しい一時になりました。
朝方降っていた雨も上がり、寒くもならず、とても良い門出の日になりました。私も刺激をいただきましたので、明日からまた頑張りたいと思います!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE