舞台のこと

2020.01.11

本日は府中の森芸術劇場での公演でした。能は「鞍馬天狗」(くらまてんぐ)白頭の小書(替え演出)での上演でした。通常は元気はつらつの力みなぎる天狗ですが、白頭になりますと白髪という訳ではありませんが、より年を重ねた大天狗になります。
兵法の奥義を牛若丸、後の源義経に伝授する大天狗には、白頭のどっしりとした力感は、よくよく似合います。近年は型に工夫を凝らし、以前よりも動きが多く、より解りやすく、面白くなっています。
午前、午後の2公演、満員のお客様を迎えての公演となりました。ご来場の皆さま、ありがとうございました。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE