お稽古のこと

2020.01.14

暖冬ですね、あまり寒くなくありがたいのですが、ちょっと不思議な感じがします。
留学前の学生さんが2ヶ月間のお稽古に来はじめました。当初、謡と舞、両方のご希望でしたが、謡にしぼった方が、成果が得られるだろうとの判断のもと、謡の稽古を始めました。
思いっきりよく全身を使って、声を出して謡っているところがいいですね。なんとも、若々しいです。
精一杯頑張る彼に、なにを持って留学してもらいましょうかね。これからが楽しみです!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE