コラム

2020.01.20

中野ZEROの申し合わせが済みました。「玉井」は随分久し振りです。古事記の海幸彦、山幸彦の物語なので、内容はご存知の方も多く、舞台展開もはっきりしていて、親しみやすい曲です。大がかりなので、なかなか出ませんが、面白い曲です。本番は日曜日になります。
午後からは撮影に参加しました。羽田空港国際線の出発ロビーに、3月中旬から流れる舞台の映像だそうです。「土蜘蛛」と「葵上」の2曲を撮影しました。よくわかりませんが8Kの画像だそうで、かなり大掛かりな機材での撮影でした。 出来上がりは想像できませんが、楽しみです。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE