コラム

2020.05.25

 今日も好天、気持ちのよい日になりました。暑くなりそうでしたから、朝たんまりと愛しの女竹に水をあげ、暫し鉢を眺めました。やはり、仲間は見えません。今日のような、燃えるゴミの日の朝には、枝から出ている新芽を摘み、そのままサヨウナラをしています。いや、ここに問題があるのか、摘まれた新芽供養をした方がいいのか?悩ましい!
隣の木賊は絶好調、元気を分けてあげたいくらいです。そう言えば木賊もここまで来るまで、何度もピンチが訪れました。女竹も信じて、頑張ってもらいましょう。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE