舞台のこと

2020.07.01

 今日から文月7月、令和2年も下半期に入りました。1月には、オリンピックを始め、揚々たる未来が広がっていましたので、今の日常は想像だにしなかった光景です。
 いろいろが自粛の時ではありますが、9月27日(日)の15周年記念になる、自主公演を開催することに致しました。といえ、これから2ヶ月先のことは、なんとも言えないのですが、公演を再開していく動きを始めないと、700年に渡って築き上げてきた能楽の灯火が、消え入ってしまいそうです。灯火をつなげ、将来的には輝く光明となるよう、夢をかけて臨みたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

第15回奥川恒治の会 記念大会「一角仙人」

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE