コラム

2020.07.02

今日は夏日になりましたね、暑い一日になりました。
雨上がりの木賊の鉢には、どこからやって来たのか、小さなカタツムリが一匹、比較的アクティブに動いていました。全長3ミリ位でしょうか、どこからやって来るのでしょう?親もいなそうなので、不思議に思いながら、眺めいっていました。

お隣のお庭には、スリムながらよく育ったヒキガエルガ一匹、こちらも動きが速かったですね。以前矢来能楽堂にいた、巨大なヒキガエルガは、のそのそと何があっても我関せずで、出歩いていました。速く動けるようにと、「ターボクン」と名前を付けていたことを、思い出しました。
女竹も楽しみに毎日眺めていますが、明日からは新しい仲間(カタツムリですよ!)の成長も、楽しみに見守りたいと思います。ボウフラ以外は、大いに歓迎するところです。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE