お稽古のこと

2020.07.24

 社中のゆかた会が昨日無事に済みまして、私をはじめ会員の皆さんはホッとひと息の金曜日を、お過ごしのことと思います。
 今年はお客様にご覧いただくこともなく、会員の皆さまだけの会としました。いろいろと制約の多い会となり、その点は気の毒なところでもありました。終演後は三々五々に別れ、会の慰労やら感想やらを、話し合う恒例の会食もなく、ちょっと物足りないものがありましたが、開催できただけ、良しとしたいと思います。
 今年は一人で舞い、一人で謡う、という形で舞台を勤めていただきましました。仕舞はいつでも一人で舞いますが、一人で数分謡うことは、なかなか大変なことで、これはとても良い経験になったことと思います。皆さんの今後の、さらなる飛躍が期待されるとこであります!
 

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE