舞台のこと

2020.08.01

 4月から延期になっていた分の、九皐会が済みました。今は楽屋の密も避けるため、出演者は1部2部どちらかの出演会に合わせて、楽屋入をします。
 私は1部の「清経」組でしたので、それに合わせての出勤でした。
 私と同じく上半期の6月九皐会で、「野守」を勤める予定だった佐久間氏が、本日の「清経」を勤めました。私は地謡を勤め、無事に済みました。
 先月よりもご来場のお客様も増えていまして、このところの世上の動向から見ますと、大変ありがたいことでした。ご来場の皆さま、ありがとうございました。
 今月は引き続きでで来週まであります。気を引き締めて参りたいと思います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE