コラム

2020.08.05

 北与野のステラ・デル・アンジェロでの講座をさせていただきました。
 「一角仙人」は3回目を迎え、仙人と都からの刺客「旋陀夫人」の対峙する場面になりました。
 人間と交わりたくない仙人と、なんとかして取り入りたい夫人宮廷チームの、熾烈な駆け引きがはじまります。なんと言いましても、そこは人間関係に揉まれたことのない仙人、たやすく思惑に落ちていくのでした。
 「紅葉狩」にも同趣向の人間模様がありますが、「紅葉狩」は落としに行く側に対して、「一角仙人」は落とされる側、ということも面白いところです。
 今日の件も、新古今集から万葉集へと、幅広く広がります。この曲は知れば知るほど広がりを見せます。もっともっと、調べてみたくなりました。次回も楽しみです。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE