能のHana

コラム

2021.04.27

 明日は北与野ステラ・デル・アンジェロで、大原御幸の2回目の講座を致します。明日は後白河法皇が大原の寂光院へ、向かって行く(御幸)される場面です。
 能としましては、平家物語の灌頂巻の原文を、巧みに取り入れ、細やかで美しい詞章を作り上げました。謡の文章を知ってから、原文を読み直してみますと、驚くほどです。
 また、ワキの萬里小路中納言(までのこうじちゅうなごん)が謡うところの大原の描写では、大変な難所であり、初めて聞いたときには、驚きました。こんどの6/27の私の会では、下掛宝生流の殿田謙吉師が独吟します。楽しみにしたいと思います。
 講座にご興味のある方は、下記よりご確認ください。

能楽アフタヌーンティー「大原御幸」


 今朝の善福寺川は、カモ銀座になってしまいました。賑やかで、楽しそうです。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE