能のHana

コラム

2021.04.28

 今朝は青空が広がり、心地よい朝でした。善福寺川はカモが気持ち良さげに、川面を滑っていました。成鳥一歩手前といったサイズ感で、少し離れた所に親鳥らしき、威厳のあるカモが悠然といました。
 本日は北与野ステラ・デル・アンジェロで、「大原御幸」の2回目の講座を致しました。後白河法皇が大原へ行く行程を、平家物語灌頂巻の文章を巧みに引用しながら、進めていく部分です。謡曲作者の見事な手腕を知っていただく、よい機会なので、原文を表記して、謡の文章と比較してみました。巧みな構成力で、実に素晴らしい描写となっていることが、わかります。
 今頃の京都の寂光院は陽の光を受けて、苔が輝いていることと思います。以前伺った時に、この輝く苔に魅了され、すっかり苔のファンになったのですが、京都の方からは、「苔にいったら最後やで!」と言われております😅。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE