能のHana

コラム

2021.04.30

 昨晩の激しい雨が嘘のように、今日は朝から晴れ渡りました。陽射しも夏のようで、気温もぐっと上がりましたね。善福寺川では、カモがまるで甲羅干しでもしているかのように、休んでいました。
 我が家のアロエが緑色を取り戻し始めた鉢とそうでない鉢とに別れました。いただいた方から、水はたくさんあげずに、西陽の当たるような所がいいと言われていました。色が茶色から戻らず元気のないアロエの鉢は、水はけが悪く、雨が降るとそのまま溜まったりしました。水は都度都度捨てていましたが、ふと思い立ち土を変えることにしました。花屋さんで、アロエに良い土を教えていただき、アロエの引っ越しを始めたところ、衝撃の事実が発覚!鉢の下部の土はドブのような匂いがしていて、水も薄っすら溜まっていました。よくよく鉢の下を見ますと、栓が1つ付いていまして、これを外さないと水が抜けない構造になっていました。湿気を好む植物の鉢だったのでしょうか、夢にも知らず驚きました。アロエは土から出し、根っこを水洗いして、鉢も洗いました。そしてアロエは、全て新しい土となった新居への引っ越しを、無事に終えたのでした。
 鉢の置き場所も、より陽のあたる場所へ引っ越ししましたので、今後の発育を楽しみに見ていきたいと思います。
 緑色ご戻り始めた、こちらまさに復活最中の、アロエです!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE