能のHana

コラム

2021.05.09

 5月の第2日曜日といえば、母の日ですね、毎年バタバタしているのですが、今日は少し時間ができました。
 特養に入所した母に、造花を持って行きました。生花は管理の面で難しいので、困っていましたが、子供がわからずに買って母親に贈った物が造花で、それが功を奏しました。
 母の日といえば、小学生の頃、晴海でスーパーカーショウがありました。当日スーパーカーと呼ばれる、高速度の出る高級車は、私たちのあこがれの的でした。同級生と見に行って、帰り際に顔見知りのテキ屋のオジサンの、たこ焼き屋さんと遭遇。小学生の頃は台東区蔵前にいまして、お祭りが盛んな所だったので、毎年出かけているうちに、顔見知りになってお手伝いをする屋台がありました。その日もちょいとお手伝いをして、たこ焼きをご馳走になったのですが、その日はお小遣いまでいただきました。おじちゃんも偶然の再会に、喜んでくれたのでしょうかね。その日は母の日だったので、家の近所の花屋さんで、ミニカーネーションの植木鉢を買い、持って帰りました。当然ながら事情を聞かれ、説明したところ「嬉しいけれども、お金をいただいてはいけない」と言われました。その後数年の間、鉢の花は咲き続け、ちょっと誇らしかったことを、思い出しました。
 母に会って直接渡せないのが残念ですが、元気なようなのでいいですかね。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE