能のHana

コラム

2021.11.29

 昨日、鎌倉から移動しまして、鳥取県の米子市に参りました。米子行きの飛行機の最終には間に合わなかったので、出雲空港から入りました。夜の宍道湖を遠目に見ながらの米子入りでした。
 本日は安来市の小学校に参りました。反応の良い小学生で、最初の挨拶からよく声が出る、元気のよい小学生でした。声のことや、すり足のことなど、聞いて、見た、ことをそのまま疑問として質問してくれるところも、熱心さを感じられるところでしたね。
 学校の巡回公演もできない日々が続いていました。いまは、とてもありがたい状況です。感謝をしつつ、子供たちの心に残る舞台を努めて参りたいと思います。
 宿の前から大山が見事な稜線を見せてくれました。明日からはお天気が崩れる予報なので、しっかり写真に残しました。別名、伯耆富士(ほうきふじ)だそうです。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE