能のHana

コラム

2021.11.28

 今日も陽が差しているところは、暑いくらいの好天となりました。本日は鎌倉能舞台で教員研修がありました。音楽の教科書には謡曲の一節がのり、能、狂言ともに教科書に載るようになりました。そこで需要も高まり、文化庁と能楽協会が主催となって、教員研修が実施されるようなったのです。
 教員研修につきましては、以前からその必要性を感じておりました。私が教育専門推進委員を勤めさせていただく埼玉県蓮田市では、コロナ前には市の教育委員会と一緒に、教員研修をしておりました。日常的には縁遠い感じのする邦楽なので、より身近なものになるように、教員が知識を持ち児童生徒に教える事ができるようにと、目指してのプロジェクトです。
 本日は音楽の先生のご参加が多かったようです。自主的なご参加なので意識が高く、熱心にご覧になって、筆記されている方もいらっしゃいました。次には先生から児童生徒へと、つなげて頂ければと思います。専門職の私たちから話を聞くよりも、より身近なものに感じてもらえるのではないでしょうか。今後の先生方の取り組みが、楽しみです。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE