能のHana

舞台のこと

2022.01.06

 今日は雪が降り出し、積りはじめました。ことに東京の交通機関は弱いので、影響が出ないことを願います。
 ちょっと前の話になりますが、今年は2日から公演がありました。以前からお正月公演の話は出ていましたが、実現に至らなかったものを、今年はおもいきって致しました。早い時期から完売となり、当日は大勢のお客様をお迎えしての、大盛会の公演となりました。
 曲は「熊野」(ゆや)、人気曲の1つで、シテは観世喜正師でした。花見車が舞台に置かれ、華やかな曲です。ハッピーエンドになるところも、お正月に見るには良い曲でしたね。内弟子時分に花見車を初めて作った時は、6時間かかりました(汗)。ある時公演が終わって花見車の解体を始めたところ、「あんなに苦労して作ったのに、壊すのは一瞬ですね、なんか虚しい」と、当時の弟弟子に言われた事を、ふと思い出しました。
 今年は早くも2つの公演に出勤しましたが、どちらも満員御礼という、幸先の良い公演でした。この調子で今年は進んでいきたいところです!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE