能のHana

舞台のこと

2022.06.20

 今日も暑い日になりました。来月、九皐会の次の日に、歌仙会があります。名前はちょっと雅な感じですが、年に一度の玄人稽古会です。
 全員、自分で課題曲を決め、舞囃子の寸法で勤めます。ですから囃子方にも来ていただきますので、見所はシテ方と囃子方の玄人のみ、緊張感高いです🤣
 今朝は3番ありました。「定家」鈴木啓吾氏、「白楽天」中所宜夫氏、「芭蕉」私、どの曲も所要時間30分前後という、長い曲です。30年以上前から同じメンバーで稽古をしていますが、曲は大人の難しいものに変わりました。
 この世界、ひとつ済むと、次の課題が現れ、尽きることがありません。深淵なる奥深さ、700年の知恵の結晶ともいえ、何時までも新鮮にチャレンジャーをしていられるところが、魅力です。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE