能のHana

コラム, 舞台のこと

2022.09.20

 今日は忙しくも充実した一日になりました。宇部は台風一過、朝から青空が広がる秋晴れとなりました。
 朝8時に宿を出発しまして、8時半からフロンティア大学で理事長先生と面談、続いて9時半から宇部高校で校長先生と面談、10月10日㈪の宇部文化会館での公演のご案内に参上しました。未来を背負う、若者たちにも公演を、見に来ていただければと思っております。
 10時半からはココランドにて通常のお稽古を、今日は発表会前の最終稽古日、皆さんもいつもとは違う緊張感を漂わせつつ、励みました。発表会は10月16日㈰、多世代ふれあいセンターにて、14時開演で致します。入場無料で、ご来場を歓迎致します。
 お稽古の合間、12時半からは、宇部日報社に取材に来ていただきました。10月10日の文化会館での能楽公演、10月16日の多世代ふれあいセンターでの社中の発表会と、両方を記事にしてくださるそうです。紙面を楽しみに待ちたいと思います。
 17時にお稽古終了後、急いでF Mきららのラジオスタジオへ。17時半より打ち合わせ、18時から生放送の本番となりました。パーソナリティの井上氏の進行よろしく、話しは弾み50分では時間が足りないほどでした。
 全てのスケジュールは予定通り運び、20時宇部発の最終便に乗って、東京へ戻りました。
 このようなスケジュールがこなせるのも、宇部市で縁の下の力持ちになってくださる方たちが、いらっしゃるからです。改めて、感謝申し上げる次第です。

能楽初心者のための鑑賞会~古典はかくも面白い!~

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE