能のHana

舞台のこと

2022.09.21

 本日は午前中に一乃会の申し合わせがありました。曲は「定家」(ていか)、藤原定家と式子内親王(しょくしないしんのう)との恋の物語です。こう書きますと、やんわりとした甘い恋の曲のような気がしますが、相当にこみいった、難易度の高い曲です。今日は地頭の観世喜正師不在の為、2番手の私が地頭を勤めさせていただきました。「定家」の厚い壁に打ちのめされつつ、なんとか終曲まで謡いました。本当に良い経験をさせていただきました。当日券もあるそうです、ぜひお出かけください。
http://ichi-no-kai.jp/
 午後からは埼玉県与野市での講座でした。「三井寺」も今回で最終回、親子はめでたく再会を果たしました。次は11月23日㈬の本公演の日を、待つばかりとなります。お問い合わせは、下記よりお願い申し上げます。

能楽アフタヌーンティー「烏帽子折」~講座編~


 こちらの、アフタヌーンは現在飲食なしの講座のみ、開催しております。来月からは「烏帽子折」(えぼしおり)源義経の、元服の物語です。鎌倉殿の13人では、あまり触れられずに過ぎましたが、こちらでは深堀していきたいと思います。こちらもどうぞ宜しく、お願い申し上げます。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE