能のHana

舞台のこと

2022.11.21

 今朝は冷たい雨がでしたが、申し合わせを済ませ、外に出た昼前にはあがっていて、午後には青空が広がりました。気温もぐっと上がり、着るものの調整も難しいですが、暖かくなってくれるのはありがたいです。
 本年の私の会も、明後日に控え、今日は申し合わせを致しました。新しく出来上がった水衣に、初めて身に着ける腰巻(下半身のみの着方をする着物なので、こしまきと申します)。そしてなにより、憧れの曲見(しゃくみ)という、中年女性の面を着けさせていただけることになりました。古いもので、師匠や先輩方が舞台で使われているのを見て、いつかは私も、と思っていた面です。大切に使わせていただきます。とても楽しみです。
 当日券もございます。ぜひ、お出掛けいただければ、幸いに存じます。

第17回奥川恒治の会「三井寺」

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE