能のHana

お稽古のこと

2018.10.24

さいたま新都心ホテルラフレに参りました。秋晴れの日は眺めがとてもよく、これから冬を迎えますと、富士山が綺麗に浮かび上がります。ホテル自慢の景色です!厳しい冬になりますが、それは楽しみの一つになりますね。
講座は「融」の2回目、京の町に現れた老翁の人物像が、「陸奥、塩竈」といったキーワードで、段々と鮮明になって来ました。
融は難解です、向き合ってみますと、それがはっきりします。資料を用意するだけで、随分時間が掛かります。その分、発見がありますと、楽しいですね。
次回は融のスケールを、更に掘り下げます。難しい分、楽しみです。
謡のお稽古チームは、11月3日の初発表会に向けて、最終調整でした。各々自身の役をしっかり稽古しました。今日の稽古通り、本番を勤めていただきたいと思います。お稽古は充分です、自信をもって本番に臨んで下さい。応援してます!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE