コラム

2019.04.19

若竹会(稽古会)の本番が済みました。曲は「船弁慶」、シテは河井美紀さんでした。この曲は以前触れましたが、前半は義経の恋人、後半は敵の平知盛と、一人で味方と敵に別れるという、複雑さがあります。また、前半には舞い事があり、後半には長刀を振るっての大立回りがありますので、体力的にも大変です。
本公演の時は子方(子役)が義経を勤めますが、この義経役はなかなか大変です。シテは中入で一旦舞台から退きますが、子方は最初から最後まで出ずっぱりです。
よく出る曲ですが、勤めてくれる子方が居ると出せる曲、とも言えますね。本日は不肖私が勤めさせていただきました。
いずれ可愛い義経と舞台ができるといいですね!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE