舞台のこと

2019.05.10

5月九皐会の申し合わせが済みました。今月は「大原御幸」長山禮三郎氏と「雷電」鈴木啓吾氏の2番です。
「大原御幸」は先月の稽古能から、取り組んでおります。地頭を拝命しておりすが、進めば進むほど、その奥行きの広さ、深さを知ることになります。取り分け大きなお役をいただきました。本番まで僅かな時間ですが、最善を尽くして臨みたいと思います。
「雷電」は菅原道真の物語です。こちらはハッピーエンド、暴れていても安心して見ていられます。後半は一畳台を2つ舞台に出して致します。大掛かりですね。その分解りやすく、楽しめます。
そして申し合わせ終了後は、楽屋の地鎮祭が行われました。いよいよ始まります、新しい楽屋の建設、完成が楽しみです。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE