舞台のこと

2020.02.10

今朝は8時から若竹能の稽古がありました。昨日の九皐会の翌朝ですから、舞台人はやはり体力ですね!
今回勤めさせていただく「弱法師」は、大好きな曲で「盲目之舞」は是非勤めさせていただきたい小書でした。かつて師匠がお勤めになった「盲目之舞」が素晴らしく、イメージはそこにあるのですが、なかなか追い付きません(泣)!杖を使いながら、「舞ではない舞」という代物、なかなかの難物です。
稽古を重ねながら、全体像も固まって参りました。あとは体に染み込ませる、ということでしょうかね。微細な部分、ツメテ参りたいと思います。ラストスパートです!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE