コラム

2020.02.26

長い人生山有り、谷有り、お弟子さんのそんな時に出くわすことも、稀ではありません。本来は関係ないことと思うのですが、係わるケースが多くなりました。仲間内では大方、余計なお世話だと言われますが、人となりでしょうか…。
私が特別力になれるわけではないのですが、お話しをうかがうだけでも、先方にとっては違うかな、と聞いています。勿論、お稽古事ですから、謡や仕舞の伝授、技術の向上が目的で、プライベートに係わる必要はありません。が、不思議とそんなふうになっていきます。私自身もあまり苦にはなりませんので、自然の流れに任せています。
人間同士のお付き合いなので、その時々で具合も変わりますが、ご縁あってお稽古にいらっしゃた方が、より良くいられるようにと、願いつつお話しを承ります 。
踏ん張りどころや苦しい時、応援するくらいでも、僅かながら背中を支えられたらと願います。苦しくとも、必ず笑える時がくると、信じてお互いに頑張りたいです。
良いことと、悪いことは、同じ分量で訪れますから、悪いことの次は良いことの番です!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE