舞台のこと

2020.08.07

 八月九皐会の申し合わせが済みました。先週、延期公演がありましたので、毎週になっていますが、公演の少ない現在は貴重な催しです。
 一部は狂言「蚊相撲」と能「松虫」です。不思議な組み合わせで、私は「蚊相撲」の蚊の役を、以前乱能(本来の役を入れ替える能楽)で、勤めさせて頂いたことがありました。舞台経験あり、と言えましょうか?。それに対して「松虫」は、シテどころかツレも未経験という有様。なんとも、不思議なものです。私は「松虫」の後見のお役を頂いておりますので、お邪魔にならないように勤めさせていただきたいと思います。
 二部は仕舞数番と能「蟻通」です。随分前になりますが、大阪九皐会の申し合わせの後、永島忠侈氏にご一緒させて頂いて、蟻通神社に伺った事を思い出します。
 どちらの会も、お席は完売とのことで、ありがたい公演です。しっかり勤めさせていたどきたいと思います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE