お稽古のこと

2020.10.10

 秋台風の14号は、ありがたくも太平洋側にそれてくれるようで、明日の会には深刻な影響を及ぼさないようで、助かります。進路変更により、接近する地域には、被害が出ないことを祈ります。
 今日はお稽古日だったので、いらっしゃる皆さんが、どうかと思っていましたが、本降りながら支障をきたさなかったので、良かったです。
 お仕事のため、お稽古を中断されていた方が、今日から復帰となりました。海外に行かれることが多かったのですが、国内での仕事に落ち着かれたようです。離れて5年位経ちましたでしょうか、「忘れてしまいました」と仰って、お稽古を始めました。頭の中では記憶にないようでも、身につけたことは、体が覚えてくれています。少しの間で、記憶より体が感覚的に舞を舞わせてくれます。理屈ではなく、体が覚えるという不思議な力を、改めて今日は感じられました。
 一つの理想で、私は変わらず同じところでお稽古していて、そこは戻れる場所、帰れる場所、そうであればいいなと思っています。「お帰り」ではなく、「なにしましょうか?」と、未来を楽しめるようでありたいと願います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE