能のHana

舞台のこと

2021.05.03

 本日は鎌倉能舞台で「県民のための能を知る会」がありました。こちらは少人数の劇場で、窓を開けて換気良くできます。窓の外は新緑も見えますので、とても良い環境です。主催者側で入場者数も制限をしたとのことで、いい塩梅で公演できました。
 午前は「船弁慶」中森貫太氏、午後は「善界」(ぜがい)中森健之介氏でした。
 ゴールデンウイーク期間の公演は毎年恒例で、連休中1度は鎌倉に伺わせていただきます。例年は人でごった返すのですが、今日はいつもの平日並みの人出くらいで、鎌倉としては混んでいるという程ではありませんでした。
 昨日は帰り際に激しい雨が降る場面に出会し、雨水が大粒だったため、1つ当たるとしっかり濡れました。今日もそうなるかもしれないと、一応折りたたみ傘を用意しましたが、お陽さまのガンバリ?で、傘の出番はなくて済んだのは、ありがたいことでした。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE