能のHana

舞台のこと

2021.09.07

 今日は久しぶりの晴れ間で、気温も上がるとのことでしたが、比較的曇天な空模様でしたね。カラッと晴れた、秋晴れが期待されるところです。
 今週末の日曜日に勤める「梅枝」の稽古も、佳境を迎えております。古式の作り物も能楽堂に届き、出番を待つばかりとなりました(楽しみ!)。
 後半部分で些か腑に落ちないところがあり、試行錯誤しておりました。殺害された夫の形見の衣装を身に着け、妻の幽霊は舞います。「井筒」にも有る趣向ですが、「梅枝」の場合は管弦の中に身を委ねるが如くになります。当初、楽人の奥さんだからかな?と思っておりましたが、ここにきて、夫の魂がそこに加わり、音楽葬のような形となって、夫が成仏できたならば、妻も思い残すことなく成仏できるのではないかと。
 夫婦が成仏し、長い時が経ち太鼓も自然に還る、それもこの曲の一つのエピローグかと、このような妄想ができるところも、能の面白いところでしょうかね。

観世九皐会9月定例会

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE